古裂古美術 蓮

「古裂古美術 蓮」は日本の江戸時代の古裂を中心に、趣のある古い染織品を扱います。

蓮では、天然の植物染料で染められた「色」に着目して裂を探してきました。
時代の感性を反映した古裂に見られる、深く奥行きのある色調は、それぞれの気候風土に育まれた植物たちの息吹であり、その時代特有の個性です。
天然の染料で展開された染織品には、様々な色合いの静かで美しい、色彩の世界が広がっています。

人間を護り、人々の衣生活と心に華やぎをあたえ、愛玩する道具を包む染織品。
長い歴史に於いて繊維品はとても貴重なものであったため、衣服に仕立てられたものもやがては引き解かれて転用を重ね、消耗され、しだいに小片へと姿を変えながら、遠く今日まで遺されてきました。
小さなかけらとなって出現するひとひらの裂には、糸味も染め色も渋く冴えた、時代の気分を纏った魅力的なものが多いようです。
たとえわずかな断片裂であっても、そこには庶民や都びとの、寺院や異国の、様々な階層を超えてその時代に等しく漂う独特の空気感、心に響く自然界からの色彩と染織の調和が健やかに表現されており、工芸の美しさ、奥深さが掌にも感じられます。
古い糸からの伝言に気付き、ひとひらの輝きを伝えてゆければと願っています。

お気に入りの盃を包む、味な古裂も見つけていきます。
折々に、愉しい染織品をご紹介できましたら幸いです。

古裂古美術 蓮
田部浩子

主な取扱商品

江戸時代とその周辺の染織品、仕覆裂、仕覆裏裂、表具裂、包み裂、渡り裂、
趣味の古裂、古い時代の組紐、etc.
その他、季節を愉しむための暮らしの道具も、少しずつ入荷します。
お気軽にお問合せ下さいませ。
 

参考画像 :

商品紹介

蓮の道草

コラムは『蓮の道草』になりました。
折々に、気ままな散文を記してゆければと思っています。

#39 節分が過ぎて  #38 今日は大晦日  #37 「山へ! to the mountains 展 」に行って 

アーカイブ

お知らせ Information

 

梵字刺繡裂残欠 江戸後期

 

4月の開店日

 

4日(水) 6日(金) 7日(土)

11日(水)

17日(火)

25日(水) 26日(木)

26日は都合により14:00より開店いたします。

 

誠に恐縮ですが、仕入れ等の都合によりやむをえず営業日が変更になる場合もございます。

ご来店前にはお電話かメールでご連絡頂けますようお願いいたします。
ご来店のご予約・営業時間など、お気軽にお電話でお問い合わせ下さいませ。

 

*5月はお店をお休みさせていただきます。

 

恐れ入りますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

お問い合わせはお気軽にお電話かメールにてご連絡下さいませ。

 

 

 

*予告

6月の「青花の会骨董祭2018」に初出展いたします

 

 

 

日本の木綿格子裂 江戸末~明治時代

 
  裂のほとり2 ― 暮らしを紡いだ古裂たち ―  
 
このたび6月の「青花の会骨董祭2018」に、こちらのタイトル企画にて初出展させていただきます。詳細は、ご案内が整いましたらホームページとインスタグラムにお知らせいたします。趣のある古裂をいろいろと出品させていただきたいと思います。 皆様にご覧いただけましたら幸いです。  
 
【日時】
6月8日(金) 17~20時 プレビュウ                 
*青花の会会員様と御招待者様のプレビュウ日になります
6月9日(土)  11時~18時 
6月10日(日) 11時~17時  
 
【会場】
東京・神楽坂矢来町内の5会場 古裂古美術 蓮の出展はAYUMI GALLERLY CAVEの一番奥の空間の予定です。 こちらの詳細も、あらためてお知らせいたします。  
 
出展にむけて、楽しみに準備してまいります。 どうぞよろしくお願い申し上げます。  
 
 
 

 
 
 
 
 

小冊子『裂のほとり』を発行いたしました  

 

『裂のほとり』

 

蓮は1993年の秋に小さな店を出発させて、昨秋24周年を迎えました。 
これまで支えて下さいました皆様に、心より深く感謝いたしております。 
年月を記念して、このたび古裂に関わるささやかな冊子を編みました。 古い裂の傍にいることを「裂のほとり」と表現させていただき、冊子のタイトルにいたしました。今に遺された古裂たちの独特な美しさ、その愉しい世界を、少しでもお伝えできましたら幸いです。 A5横サイズ、カラー20ページ、価格は500円です。お問い合わせ下さいませ。 
 
 
 
【ご発送もいたします】  
『裂のほとり』はご発送もさせていただきます。 発送にてご購入を1冊ご希望の場合、 冊子代500円と発送手数料を含む送料100円の合計600円の御振り込みをお願いいたします。御振り込みの確認後、メール便にて発送させていただきます。 申し訳ございませんが、御振り込み手数料はお客様ご負担にてお願いいたします。  
お申し込みはお電話かメールにてご連絡下さいませ。その際に小冊子のお送り先ご住所とご氏名、念のためご連絡先お電話番号をお知らせ下さいませ。どうぞよろしくお願いいたします。  
 
 

『裂のほとり』もくじ  2017年11月15日発行  
まえがき / 地蔵菩薩 / ひとつの色 / たとう紙の更紗 / 縞と格子の絹織物 / 
嶋かいきによせて / 沖縄が湛える / 理想の休日 / あとがき 
 
 

 

 

『裂のほとり』より

 
 
 
 
*『工芸 青花』(新潮社刊)3号、4号、6号のバックナンバー若干ございます。
 
 
 

  • ポストカードのご案内

     
    「糸」を中心にポストカードを作りました。
    1セット 5枚入 500円(税込)にて販売いたしております。
     

     

     

    古裂古美術 蓮
    03-6228-5318
     

  • 6月の「青花の会骨董祭2018」に初出展いたします

     

    日本の木綿格子裂 江戸末~明治時代

    このたび6月開催の「青花の会骨董祭2018」に初出展させていただきます。ご案内の詳細はもう少し先になりますが、本日ホームページトップのお知らせ欄に〈予告〉を記しましたのでご覧下さいませ。
    これから青葉の美しい季節をむかえます。窓をあけてさわやかな風を入れ、古裂たちの準備にいそしみます。
      
     
     
     

  • 卯月 四月

     

    梵字刺繡裂残欠 江戸後期


    四月になりました。
     
    いつもみているケヤキの木が、新芽から、ようやく小さくてやわらかな葉をひろげはじめました。今はまだ緑色になる前の、赤茶色を帯びた葉の色です。一日ごとに様子を変え、内からこぼれるようにして芽吹いてくるその様を目にしていると、生きものである木々たちの一年が、また巡り始めたのだなと思います。このケヤキの対角の場所に在る、もう少し大きなケヤキはもっと陽当りがよいせいか、みるみる緑色が濃くなりつつあり、葉を繁らせてきています。
    早春までは枝ぶりだけの風景だった空との境に、風の流れのとおりにさわさわと葉が揺れうごいている。まるで時間が吹いているようです。葉擦れの音が聞こえる季節へ、時は移りかわりました。
     
    今月から、暫くの間ですが、店の開店日が少し少なめになります。
    出張も変わりないのですが、古裂をととのえる作業を、少しばかり集中しておこなうことを予定いたしました。ご紹介させていただく裂の準備にいそしみます。何卒よろしくお願い申し上げます。御来店のご予約や、お問い合わせは、どうぞお気軽にご連絡下さいませ。
    今月もどうぞよろしくお願いいたします。
     
     
     
     

  • 弥生 三月

     

    紬地の和更紗 江戸末頃


    三月になりました。
     
    もうすぐひな祭りなのでうっかりしないようにと、出張先の京都で桃の花を買いました。あたりが暗くなる少し前の、夕刻でした。
    店と自宅に飾る分の菜の花と桃の花を包んでもらい、ほかにも求めたかった枝ものや花を眺めつつ、これ以上荷物が多くなることをおそれてお勘定を置きました。菜の花は緑のかたい蕾ですが、黄色く咲き始めるとぐんぐん丈が伸びてきますのでこのくらいでよいこと、桃の花は、ふっくりとほどよくふくらんで、濃いその色を順々に枝に灯しています。桃色が、ひな人形が飾られた温かな部屋を連想させてくれます。
     
    江戸時代は、桃の節句が近づく二月の半ば頃から三月の初めまで、町なかを振り売りのひな売りが歩いたそうです。雛市も立ちました。振り売りは、季節ごとにみられる様々な商いが楽しく、節分の時分には柊売り、端午の節句前には柏餅の柏の葉売り、振り売りに関した本を読むと、江戸の暮らしの季節の確かさに惹かれてしまいます。そんな江戸時代の染織品が、姿を消さずにこうして今に伝わり遺ってくれていること、糸や染め色の美しさを、次に伝えてゆければと願います。
    今月もどうぞよろしくお願いいたします。
     
     
     
     

アーカイブ

アトリエ&ショップ Atelier & Shop information

古裂古美術 蓮

 

銀座の数寄屋橋にあります泰明小学校のすぐ近くです。
古裂を整えるアトリエを兼ねたこちらで商品をご覧いただけます。

 

〒104-0061

東京都中央区銀座6-3-17

悠玄ビル別館2F-B号室

 » Google map
Tel & Fax : 03-6228-5318
» E-mail

 
営業時間:12:00 – 18:00
日・祝  定休
 
※ 仕入れ等により営業時間が変わる場合があります。
誠に恐縮ですが、ご来店の際はお電話かメールでご予約いただけますようお願いいたします。
どうぞお気軽にお問い合わせ下さいませ。
 
初めてお越しの際も、お気軽にお問い合わせ下さいませ。
ビルの入口が少々わかりづらいですので、ご案内いたします。
 

 

〒104-0061 東京都中央区銀座6-3-17 悠玄ビル別館2F-B号室 » Google map
Tel & Fax : 03-6228-5318
» E-mail

古裂古美術 蓮 マップ
銀座線、丸の内線、銀座駅出口C2、C4から徒歩3分。  Tokyo Ginza