古裂古美術 蓮

「古裂古美術 蓮」は日本の江戸時代の古裂を中心に、趣のある古い染織品を扱います。

蓮では、天然の植物染料で染められた「色」に着目して裂を探してきました。
時代の感性を反映した古裂に見られる、深く奥行きのある色調は、それぞれの気候風土に育まれた植物たちの息吹であり、その時代特有の個性です。
天然の染料で展開された染織品には、様々な色合いの静かで美しい、色彩の世界が広がっています。

人間を護り、人々の衣生活と心に華やぎをあたえ、愛玩する道具を包む染織品。
長い歴史に於いて繊維品はとても貴重なものであったため、衣服に仕立てられたものもやがては引き解かれて転用を重ね、消耗され、しだいに小片へと姿を変えながら、遠く今日まで遺されてきました。
小さなかけらとなって出現するひとひらの裂には、糸味も染め色も渋く冴えた、時代の気分を纏った魅力的なものが多いようです。
たとえわずかな断片裂であっても、そこには庶民や都びとの、寺院や異国の、様々な階層を超えてその時代に等しく漂う独特の空気感、心に響く自然界からの色彩と染織の調和が健やかに表現されており、工芸の美しさ、奥深さが掌にも感じられます。
古い糸からの伝言に気付き、ひとひらの輝きを伝えてゆければと願っています。

お気に入りの盃を包む、味な古裂も見つけていきます。
折々に、愉しい染織品をご紹介できましたら幸いです。

古裂古美術 蓮
田部浩子

主な取扱商品

江戸時代とその周辺の染織品、仕覆裂、仕覆裏裂、表具裂、包み裂、渡り裂、
趣味の古裂、古い時代の組紐、etc.
その他、季節を愉しむための暮らしの道具も、少しずつ入荷します。
お気軽にお問合せ下さいませ。
 

参考画像 :

商品紹介

蓮の道草

折々に、気ままな散文を記してゆければと思っています。

#47 夏休みのゆくえ2  #46 「濃茶地草花文紋章刺繍裂」の作品について  #45 昔の風景 

アーカイブ

#44 二月の終わりに  #43 初雪  #42 鐘の音  #41 『暮しの手帖』4世紀95号 「ひきだし」 後記にかえて  #40 横須賀美術館 谷内六郎〈週刊新潮 表紙絵〉展へ  #39 節分が過ぎて  #38 今日は大晦日  #37 「山へ! to the mountains 展 」に行って  #36 布を「たつ」ということ  #35 二月がゆく  #34 節分の籠と辻に捨てられた豆の話 ― 後編  #33 節分の籠と辻に捨てられた豆の話 ― 前編  #32 ことほぐ Ⅱ  #31 今年も暮れゆく  #30 裂のほとりで  #29 続・はるか昔の洗濯もよう  #28 はるか昔の洗濯もよう  #27 師走まえのつぶやきいくつか  #26 夏休みのゆくえ  #25 蝉の聲  #24 天は海  #23 「信貴山縁起絵巻」によせて – 後編  #22 「信貴山縁起絵巻」によせて – 前編  #21 菖蒲酒と「女の家」  #20 水ぬるむ  #19 『熈代勝覧(きだいしょうらん)』と雛のこと  #18 二月の話  #17 季節と江戸時代の振り売り  #16 ことほぐ  #15 ゆく年  #14 フユ  #13 アキ  #12 ナツ  #11 ユリ  #10 植物の種と服飾品  #9 裁縫と“をさな”と“おとな”  - vol.4 #8 裁縫と“をさな”と“おとな”  - vol.3 #7 裁縫と“をさな”と“おとな”  - vol.2 #6 裁縫と“をさな”と“おとな”  - vol.1 #5 ハル  #4 縫い糸のこと  #3 少しだけ、草木のこと  - vol.2 #2 少しだけ、草木のこと  - vol.1 #1 組紐のこと 

お知らせ Information

 

 

展示会出品予定 絹地幾何学文経緯絣帛紗 
裂・インド 19世紀

 

10月は誠に恐縮でございますが、展示会準備のため、お店の営業をお休みさせていただきます。お問い合わせ等ございましたら、どうぞお気軽にお電話下さいませ。

 

メールでのお問い合わせにつきましては、申し訳ございませんがお返事が遅くなる場合がございます。 なるべくお電話にて頂けましたら幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

【ご案内】

10月25日(金)・26日(土)・27日(日)に
特別企画展 裂のほとりⅥ
「-縞・格子・絣 展-」を開催いたします

 

 

 

特別企画展 裂のほとりⅥ
-縞・格子・絣 展-

 

染織品における縞・格子・絣の文様と意匠は世界各地に見られ、古くから人びとの装いと表現に深く関わってきました。ひとすじの糸は縞となり格子となり、染め分けられた糸はのびやかに絣となって表れ、織物の中で多様な表情と豊富なパターンを限りなく展開してゆきます。今展では江戸時代を軸に「縞・格子・絣」の古裂を、熱を込めて特集いたします。茶器や酒器の仕覆に、掛軸の表具に、また、染織資料として貴重な断片裂等、印象的な色調の裂を集めました。皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます。

 

会期までの間、ホームページとインスタグラムにて、出品の裂をご紹介させていただきます。どうぞご覧下さいませ。

 

 

特別企画展 裂のほとりⅥ

- 縞・格子・絣 展 -

 

【日時】
10月25日(金) 11:00~19:00
10月26日(土) 11:00~19:00
10月27日(日) 11:00~最終日17:00まで 

 

【会場】
昨秋と同じく
東京・神楽坂のAYUMI GALLERYさんです。

 

AYUMI GALLERY   
www.ayumi-g.com
東京都新宿区矢来町 114  
*メトロ東西線・神楽坂駅から徒歩3分

 

 

 

縞帖 江戸時代

麻地格子に銀杏文様型染大風呂敷 江戸時代

裂のほとりⅥ -縞・格子・絣 展- 出品の裂

 

皆様に愉しんでいただける展示会となりますよう、
特別企画展 裂のほとりⅥ「-縞・格子・絣 展-」
いろいろと準備してまいります。
古裂の持つ独特な色彩と深い味わいを、ぜひご覧いただけましたら幸いです。

 

*お問い合わせは恐れ入りますが、お電話にてお願いいたします

 

 

 

 

 

 

 

*****************************************

 

 

 

 

小冊子『裂のほとり』のお知らせ  

 

 

『25th Anniversary 裂のほとり』

これまでに発行の『裂のほとり』の詳細につきましては、スクロールしたところの 小冊子『裂のほとり』のご案内▼ をクリック下さいませ。

 

*4度目の展示会に寄せて2019年3月発行の『裂のほとりⅣ -名古屋 月日荘にて-』を含め、現在古裂古美術蓮発行の小冊子は全部で3冊になります。

 

 

 

 

 

 

  • 小冊子『裂のほとり』のご案内

     

    *4度目の展示会に寄せて2019年3月発行の『裂のほとりⅣ -名古屋 月日荘にて-』を含めまして、現在古裂古美術蓮発行の小冊子は、全部で3冊になります。

     

     

     

    【小冊子『裂のほとりⅣ -名古屋 月日荘にて-』発行のお知らせ】

     

     

    小冊子『裂のほとりⅣ -名古屋 月日荘にて-』

     

    2019年3月に開催の月日荘さんでの展示会に寄せて、ささやかな小冊子を編みました。 今はデジタルの時代ですが、紙と写真の形で、この度の展示会の時間を記憶したいと思います。展示会終了後も、ページをめくることで古裂を味わい、愉しんでいただけましたら幸いです。選んだ古裂の写真に小文を添えています。

     

    小冊子は文庫本サイズの105×148cm、カラー36ページ(写真は表紙の能装束唐織断片裂を含めて30カットです)、一冊500円にて販売いたしております。 ご希望の方は蓮までお電話かメールにてご注文下さいませ。

     

     

     

    【ご注文につきまして】

     

    小冊子『裂のほとりⅣ -名古屋 月日荘にて-』はご発送もいたします。 一冊ご希望の場合、小冊子代500円と発送手数料を含む送料100円の合計600円の御振り込みをお願いいたします。御振り込みの確認後、クロネコDM便にてお送りいたします。(DM便は発送してからお届けまでに少しお日にちがかかります。すみませんが、ご了承下さいませ。) 申し訳ございませんが、御振り込み手数料はお客様ご負担にてお願いいたします。 ご注文はお電話かメールにてご連絡下さいませ。その際に、小冊子の送り先ご住所とご氏名、念のためご連絡先のお電話番号をお知らせ下さいませ。 どうぞよろしくお願い申し上げます。

     

     

    小冊子『裂のほとりⅣ -名古屋 月日荘にて-』より

    *押さえのイギリスのアイロンは私物です

     

     

    木綿花色地桜梅に流水文紅型裂 19世紀

    ヨーロッパ更紗・インド更紗・嶋海黄 19世紀

    山村の地図 江戸時代

     

     

     

     

     

     

    小冊子『25th Anniversary 裂のほとり』発行のお知らせ

     

     

    『25th Anniversary 裂のほとり』

     

     

    蓮は1993年の秋に小さな店を出発させて、お蔭様で昨秋2018年の10月に25周年を迎えました。これまで支えて下さいました皆様に、心より深く感謝いたしております。
    25周年の記念とともに、日本に伝え遺された染織品の存在を、ひとりでも多くの方に知っていただきたいとの想いから、2017年秋に発行の小冊子に引き続き、あらたに『25th Anniversary 裂のほとり』を編みました。よろしければ、御笑覧いただけましたら幸いです。
    A5横サイズ、カラー20ページ、税込価格500円です。お問い合わせ下さいませ。

     

     

     

    「絞り染めの小さな袋」

    「私の原点」

     

    『25th Anniversary 裂のほとり』もくじ  2018年10月1日発行
    まえがき / 鴛鴦丸文様二陪織物の鏡入れ / 法華経断簡の表具裂 / 室町時代の繊維と糸 / 渡り裂断片各種 / 越後縮の米袋 / 単色無地の絹と紬 / 沖縄 久米島紬断片 / 絞り染めの小さな袋 / 紅地輪宝文金襴断片 / 吹き寄せ / 『鳥獣戯画』の萩 / 私の原点 / あとがき />

     

     

     

     

     

    小冊子『裂のほとり』のお知らせ

     

    『裂のほとり』

     

    蓮は2017年の秋に24周年を迎えました。年月を記念して、古裂に関わるささやかな冊子を編みました。古い裂の傍にいることを「裂のほとり」と表現させていただき、冊子のタイトルにいたしました。今に遺された古裂たちの独特な美しさ、その愉しい世界を、少しでもお伝えできましたら幸いです。
    A5横サイズ、カラー20ページ、価格は500円です。よろしければ、お問い合わせ下さいませ。 

     

     

     

     

    『裂のほとり』より

     

     

    『裂のほとり』もくじ  2017年11月15日発行
    まえがき / 地蔵菩薩 / ひとつの色 / たとう紙の更紗 / 縞と格子の絹織物 /
    嶋かいきによせて / 沖縄が湛える / 理想の休日 / あとがき

     

     

     

     

    【ご発送もいたします】

     

    小冊子『裂のほとり』はご発送もいたします。 ご発送にて1冊ご希望の場合、 小冊子代500円と発送手数料を含む送料100円の合計600円の御振り込みをお願いいたします。御振り込みの確認後、クロネコDM便にてお送りいたします。 申し訳ございませんが、御振り込み手数料はお客様ご負担にてお願いいたします。

     

    お申し込みはお電話かメールにてご連絡下さいませ。その際に小冊子のお送り先ご住所とご氏名、念のためご連絡先のお電話番号をお知らせ下さいませ。
    どうぞよろしくお願いいたします。

     
     

     
     

  • ポストカードのご案内

     
    「糸」を中心にポストカードを作りました。
    1セット 5枚入 500円(税込)にて販売いたしております。
     

     

     

    古裂古美術 蓮
    03-6228-5318
     

  • 秋のメニュー

     

     

    展示会出品予定 絹地幾何学文経緯絣帛紗 
    裂・インド 19世紀

     

    展示会までの日にちを数える頃となりました。
    裂を整える作業を続けております。こうして毎日裂に触れ、ルーペで見て確認等していても、裂の世界は広範でほんとうにむずかしく、ひととおり分かったような気にならないので、更にもっと歩いていかなければならない、道また道です。奥深い森を彷徨っている感じです。
    少しひと息ついて、秋の夜なべに温まる、お豆のたくさん入ったミネストローネでも作っておきたい気分です。しかし、作るのにも時間が要る。・・・作りたい。作ってあったら。・・・希望にて終わるでしょう。
    インスタグラムに美しい幾何学文経緯絣の帛紗をご紹介させていただきました。御覧いただけましたら幸いです。

     

     

     

     

     

  • 神無月 十月

     

     

    縞帖 江戸時代

     

    10月になりました。
    残暑と言いたいほどにまだ暑さが続いておりますが、東京では彼岸花も咲き終わり、もうすぐ金木犀が香ってくる頃と思います。金木犀の花の香りには、何か郷愁を呼び起こすものがあって、あの香りは自然が用意した想い出の扉なような気もします。ふと道を曲がって、どこかからか運ばれてきたあの香りに出会うとき、それがわずかな間でも、此処ではない時間の中へ、記憶も気持ちも持っていかれます。
    この時季が来ると電車に乗って、金木犀のお酒を呑みに出かけるたくなる。人の波が引いた、秋の海を見に行きたくなる。散らかった部屋を見渡しながら、そのうち、そのうち、と口をもごもごさせて、目の前のなかなか進まない片付けごとに、目をしばたたかせるのが常ですが。

     

    早くも10月となり、いよいよ今月は特別企画展 裂のほとりⅥ 「-縞・格子・絣 展-」を開催いたします。現在出品させていただく古裂を整える作業にいそしんでおります。展示会準備のため10月はお店の営業が叶わず、普段でも出張や仕入れ等で不在がちのところ、誠に申し訳ございません。お問い合わせはどうぞお気軽にお電話下さいませ。
    熱を込めて特集の今展、魅力のある縞・格子・絣の古裂を、ぜひご覧いただけましたら幸いです。皆様のご来場を、心よりお待ち申し上げます。

     

     

     

     

     

  • 秋になりました

     

     

    特別企画展 裂のほとりⅥ -縞・格子・絣 展-
    麻地格子に銀杏文様型染大風呂敷 江戸時代

     

    ことん、と気温が下がり、ずいぶん涼しくなりました。日射しも、とくに夕方には、もう秋だなと思えます。
    先日道端でとても好きな玉すだれの白い花を見かけました。店が原宿に在った頃は、ベランダにいくつもの山野草を持っていて、その中には玉すだれもあり、毎年花を楽しみに眺めたものです。

     

    植物には幼い頃の想い出と重なるものが多くあります。玉すだれの花も、幼い頃遊んだうす暗い通り道の塀の脇に、いつも季節になると咲く花でした。とりたてて目立つ花ではないことが、子供心にもわかりましたが、何か静かな女のひとのようで、その花が咲いている間は、塀の道を玉すだれを見ながら自分も静かにして通った記憶があります。大人になり、この花の好さがわかるようになってから、秋の訪れを知らせてくれるこの花のことがとても好きになりました。やはりもの静かな女のひとのように思えることは、今も変わりありません。

     

    麻地格子に銀杏文様の型染は、秋の季節を映して染めあげられたものでしょうか。
    10月の展示会の準備を進めております。
    いつもインスタグラムもご覧いただきまして、皆様どうもありがとうございます。

     

     

     

     

     

アーカイブ

アトリエ&ショップ Atelier & Shop information

古裂古美術 蓮

 

銀座の数寄屋橋にあります泰明小学校のすぐ近くです。
古裂を整えるアトリエを兼ねたこちらで商品をご覧いただけます。

 

〒104-0061

東京都中央区銀座6-3-17

悠玄ビル別館2F-B号室

 » Google map
Tel & Fax : 03-6228-5318
» E-mail

 
営業日:不定休
 
誠に恐縮ですが不定休のため、御来店の際はご予約いただけますようお願いいたします。
ご予約やお問い合わせは、どうぞお気軽にお電話にてご連絡下さいませ。
 
初めてお越しの際も、お気軽にお問い合わせ下さいませ。
ビルの入口が少々わかりづらいですので、ご案内いたします。
 
 
古いもの、お道具、古美術品、美術品、工芸品、絵画、書画などの整理ご処分のご相談をお受けいたします。お気軽にお問い合わせ下さいませ。
 

 

〒104-0061 東京都中央区銀座6-3-17 悠玄ビル別館2F-B号室 » Google map
Tel & Fax : 03-6228-5318
» E-mail

古裂古美術 蓮 マップ
銀座線、丸の内線、銀座駅出口C2、C4から徒歩3分。  Tokyo Ginza