古裂古美術 蓮

「古裂古美術 蓮」は日本の江戸時代の古裂を中心に、趣のある古い染織品を扱います。

蓮では、天然の植物染料で染められた「色」に着目して裂を探してきました。
時代の感性を反映した古裂に見られる、深く奥行きのある色調は、それぞれの気候風土に育まれた植物たちの息吹であり、その時代特有の個性です。
天然の染料で展開された染織品には、様々な色合いの静かで美しい、色彩の世界が広がっています。

人間を護り、人々の衣生活と心に華やぎをあたえ、愛玩する道具を包む染織品。
長い歴史に於いて繊維品はとても貴重なものであったため、衣服に仕立てられたものもやがては引き解かれて転用を重ね、消耗され、しだいに小片へと姿を変えながら、遠く今日まで遺されてきました。
小さなかけらとなって出現するひとひらの裂には、糸味も染め色も渋く冴えた、時代の気分を纏った魅力的なものが多いようです。
たとえわずかな断片裂であっても、そこには庶民や都びとの、寺院や異国の、様々な階層を超えてその時代に等しく漂う独特の空気感、心に響く自然界からの色彩と染織の調和が健やかに表現されており、工芸の美しさ、奥深さが掌にも感じられます。
古い糸からの伝言に気付き、ひとひらの輝きを伝えてゆければと願っています。

お気に入りの盃を包む、味な古裂も見つけていきます。
折々に、愉しい染織品をご紹介できましたら幸いです。

古裂古美術 蓮
田部浩子

主な取扱商品

江戸時代とその周辺の染織品、仕覆裂、仕覆裏裂、表具裂、包み裂、渡り裂、
趣味の古裂、古い時代の組紐、etc.
その他、季節を愉しむための暮らしの道具も、少しずつ入荷します。
お気軽にお問合せ下さいませ。
 

参考画像 :

商品紹介

蓮の道草

コラムは『蓮の道草』になりました。
折々に、気ままな散文を記してゆければと思っています。

#38 今日は大晦日  #37 「山へ! to the mountains 展 」に行って  #36 布を「たつ」ということ 

アーカイブ

お知らせ Information

 

舞楽装束 江戸後~末期

 
新年明けましておめでとうございます。 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。  
 
1月の開店日  
 
9日(火) 10日(水) 11日(木) 13日(土) 
15日(月) 16日(火) 19日(金) 
22日(月) 25日(木) 26日(金) 27日(土) 
29日(月) 30日(火) 31日(水)

 

25日(木)、30日(火)は仕入れの都合により13:30頃から開店いたします。

 
以降の日も追ってお知らせいたします。
ご来店のご予約・営業時間など、お気軽にお電話でお問い合わせ下さいませ。
 
誠に恐縮ですが、仕入れ等の都合によりやむをえず営業日が変更になる場合もございます。
ご来店前にはお電話かメールでご連絡頂けますようお願いいたします。
 
 
 
 
 
小冊子『裂のほとり』を発行いたしました  

 

『裂のほとり』

 

蓮は1993年の秋に小さな店を出発させて、昨年24年を迎えました。 
これまで支えて下さいました皆様に、心より感謝いたしております。 
年月を記念して、この度古裂に関わるささやかな冊子を発行いたしました。古い裂の傍にいることを「裂のほとり」と表現させていただき、冊子のタイトルにいたしました。古裂の愉しさをお伝えできれば嬉しく思います。拙いものですがご笑覧いただけましたら幸いです。 
A5横サイズ、カラー20ページ、価格は500円です。 
 
 
 
【ご発送もいたします】  
『裂のほとり』は発送にても販売させていただきます。 発送にて1部ご購入をご希望の場合、 冊子代500円と発送手数料を含む送料100円の合計600円の御振り込みをお願いいたします。御振り込みの確認後、メール便にて発送させていただきます。 申し訳ございませんが御振り込み手数料はお客様ご負担にてお願いいたします。  
お申し込みはお電話かメールにてご連絡下さいませ。その際に小冊子のお送り先ご住所とご氏名、念のためご連絡先お電話番号をお知らせ下さいませ。どうぞよろしくお願いいたします。  
 
 

『裂のほとり』もくじ 
まえがき / 地蔵菩薩 / ひとつの色 / たとう紙の更紗 / 縞と格子の絹織物 / 
嶋かいきによせて / 沖縄が湛える / 理想の休日 / あとがき 
 
 

 

 

『裂のほとり』より

 
 
 
 
*『工芸 青花』(新潮社刊)3号、4号、6号のバックナンバー若干ございます。
 
 
 

  • ポストカードのご案内

     
    「糸」を中心にポストカードを作りました。
    1セット 5枚入 500円(税込)にて販売いたしております。
     

     

     

    古裂古美術 蓮
    03-6228-5318
     

  • 明けましておめでとうございます

     

    舞楽装束 江戸後~末期

     
    新年明けましておめでとうございます。
    今年も古くから遺されてきた日本の美しい染織品を探して皆様にご紹介させていただきたいと思います。趣きのある古裂、植物からの深く美しい染め色、ひとすじの糸の存在、それぞれの裂の時代感…古裂から様々を感じたり学び続けながら、この一年も古裂に励みたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。
    もしお探しの古裂がございましたら、どうぞお気軽にご連絡下さいませ。
    古いものは出逢いものですので、すぐには難しいかもしれませんが、心がけたいと思います。
     
    新たな一年が始まります!
    本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
     
    2018年 元旦
     
     

  • 今年も暮れゆきます

     
     
     
    12月31日、今年も大晦日になりました。
    一年の最後の一日は、カチカチと時計の振り子の音がどこからか聞こえているような、時の刻みを感じます。皆様もきっと今頃はお忙しくお過ごしで、それでも夜が更ければ大晦日の除夜の鐘を静かに聴かれることでしょう。
     
    この一年、心よりありがとうございました。
    また来年も、何卒よろしくお願いいたします。
    もうすぐ来る新たな年が、皆様にとって幸多き一年でありますよう、お祈り申し上げます。
     
    古裂古美術 蓮
    田部浩子
     
     
     
     
     

  • 十二月 師走

     

    江戸期の単色裂でクリスマス色を意識して


    十二月になりました。
     
    あわただしく過ごしながらも楽しみに準備してまいりました艸ノ会を無事終えることができました。
    二日間の会期中は会場にお越し下さいました皆様と古裂の愉しさを味わい、とりどりの美しい色彩に囲まれて過ごさせていただきました。
    日を置いて出張にでかけた新幹線の車窓から、山々の紅葉を目にして師走という言葉を思い浮かべたりしていました。
    師走は十二ヵ月のなかでもとりわけ駆け足で日がすぎてゆきます。半ばの二十日を過ぎれば大晦日もみえてまいります。
    今年も冬至がやってまいりますね。太陽を想い、最大の自然であるという「時間」を想い、時を繋げてゆくということを想い、今年さいごのひと月を、丁寧に過ごせたらと思います。
    今月もどうぞよろしくお願いいたします。
     
     
     
     

アーカイブ

アトリエ&ショップ Atelier & Shop information

古裂古美術 蓮

 

銀座の数寄屋橋にあります泰明小学校のすぐ近くです。
古裂を整えるアトリエを兼ねたこちらで商品をご覧いただけます。

 

〒104-0061

東京都中央区銀座6-3-17

悠玄ビル別館2F-B号室

 » Google map
Tel & Fax : 03-6228-5318
» E-mail

 
営業時間:12:00 – 18:00
日・祝  定休
 
※ 仕入れ等により営業時間が変わる場合があります。
誠に恐縮ですが、ご来店の際はお電話かメールでご予約いただけますようお願いいたします。
どうぞお気軽にお問い合わせ下さいませ。
 
初めてお越しの際も、お気軽にお問い合わせ下さいませ。
ビルの入口が少々わかりづらいですので、ご案内いたします。
 

 

〒104-0061 東京都中央区銀座6-3-17 悠玄ビル別館2F-B号室 » Google map
Tel & Fax : 03-6228-5318
» E-mail

古裂古美術 蓮 マップ
銀座線、丸の内線、銀座駅出口C2、C4から徒歩3分。  Tokyo Ginza