古裂古美術 蓮

Kogire Kobijyutsu Ren

  • 「古裂古美術 蓮」は日本の江戸時代の古裂を中心に、趣のある古い染織品を扱います。

     

    蓮では、天然の植物染料で染められた「色」に着目して裂を探してきました。
    時代の感性を反映した古裂に見られる、深く奥行きのある色調は、それぞれの気候風土に育まれた植物たちの息吹であり、その時代特有の個性です。
    天然の染料で展開された染織品には、様々な色合いの静かで美しい、色彩の世界が広がっています。

     

    人間を護り、人々の衣生活と心に華やぎをあたえ、愛玩する道具を包む染織品。
    長い歴史に於いて繊維品はとても貴重なものであったため、衣服に仕立てられたものもやがては引き解かれて転用を重ね、消耗され、しだいに小片へと姿を変えながら、遠く今日まで遺されてきました。
    小さなかけらとなって出現するひとひらの裂には、糸味も染め色も渋く冴えた、時代の気分を纏った魅力的なものが多いようです。
    たとえわずかな断片裂であっても、そこには庶民や都びとの、寺院や異国の、様々な階層を超えてその時代に等しく漂う独特の空気感、心に響く自然界からの色彩と染織の調和が健やかに表現されており、工芸の美しさ、奥深さが掌にも感じられます。
    古い糸からの伝言に気付き、ひとひらの輝きを伝えてゆければと願っています。

     

    お気に入りの盃を包む、味な古裂も見つけていきます。
    折々に、愉しい染織品をご紹介できましたら幸いです。

    古裂古美術 蓮
    田部浩子

  • Kogire Kobijyutsu Ren handles quaint Japanese antique textiles mainly from Edo period (1603-1868).
    Ren specializes in textiles featuring unique colors that derive from natural dyes. The old fabric reflect the ambiance of the era they are from. Each piece of cloth has a unique color spectrum. Those colors are “breath of plants”nurtured in various climates and the natural environment. They uniquely represent their time period. These naturally dyed fabrics open a calm yet beautiful world of delicate colors.

     

    Textiles were used not only to protect people but they also gave cheer and energy to people’s lives and mind. Textiles were also used as wrapping cloths to protect cherished tea ceremony equipment. Historically, since fiber materials were very precious, they were sometimes taken apart from their original shape such as kimono given different purposes like small bags, became smaller and smaller, and finally became the fabric pieces that were passed on and still remain today.

     

    Naturally dyed old textiles that we find today as small fragments often are very attractive and bring about the ambiance of the era they came from. The texture of the thread is distinctive and the natural dye used profound and transparent. No matter how small the fragments are, they all have unique sense of each time period: be it a temple, exotic foreign countries, ordinary people’s and upper class people’s lives, regardless of the hierarchy and its origin, the fragments all have common ambiance from the time period they are from.

     

    Each small piece of fabric has its own harmony of natural colors and craftsmanship that resonates with people’s heart. These are expressed peacefully in each tiny fragment of fabric. Even our palm can feel the profound beauty of its craftsmanship. By listening to the message from each thread, as a messenger, I hope to pass the aesthetic radiance of what has now changed its shape and become a rich, vibrant, antique piece of fabric on to the next era.

     

    Kogire Kobijyutsu Ren

    Hiroko Tabe 

主な取扱商品 Main Items

 
江戸時代とその周辺の染織品、仕覆裂、仕覆裏裂、表具裂、包み裂、渡り裂、
趣味の古裂、古い時代の組紐、etc.
その他、季節を愉しむための暮らしの道具も、少しずつ入荷します。
お気軽にお問合せ下さいませ。
 
Japanese antique textile from and around Edo period(1603-1868),
Shifuku Fabrics, Shifuku Lining, Fabric Piece used for Hanging Scroll, Wrapping Cloth, Watari-Kire, Indian Sarasa, etc.
Some other miscellaneous antique items for enjoying the changes in the seasons are also available.
 

参考画像 :

商品紹介 Lineups

蓮の道草 Ren no Michikusa

折々に、気ままな散文を記しています。
From time to time, Ren uploads some free style writing.

#60 古裂の場所から洋服を想う  #59 二月と逗子なぎさホテルのこと  #58 秋のMIHO MUSEUMへ 

Archives

#57 今年前半を想う  #56 「雪」という名の朝顔  #55 七曜文のある断片裂  #54 おからを炒る日  #53 今年の端午の節句のこと  #52 トレンチコートとデヴィッド・ボウイと辻が花  #51 春を待つ  #50 海へ!  #49 美しい日  #48 共立女子大学「染織品保存修復実習」の授業に参加させていただいて  #47 夏休みのゆくえ2  #46 「濃茶地草花文紋章刺繍裂」の作品について  #45 昔の風景  #44 二月の終わりに  #43 初雪  #42 鐘の音  #41 『暮しの手帖』4世紀95号 「ひきだし」 後記にかえて  #40 横須賀美術館 谷内六郎〈週刊新潮 表紙絵〉展へ  #39 節分が過ぎて  #38 今日は大晦日  #37 「山へ! to the mountains 展 」に行って  #36 布を「たつ」ということ  #35 二月がゆく  #34 節分の籠と辻に捨てられた豆の話 ― 後編  #33 節分の籠と辻に捨てられた豆の話 ― 前編  #32 ことほぐ Ⅱ  #31 今年も暮れゆく  #30 裂のほとりで  #29 続・はるか昔の洗濯もよう  #28 はるか昔の洗濯もよう  #27 師走まえのつぶやきいくつか  #26 夏休みのゆくえ  #25 蝉の聲  #24 天は海  #23 「信貴山縁起絵巻」によせて – 後編  #22 「信貴山縁起絵巻」によせて – 前編  #21 菖蒲酒と「女の家」  #20 水ぬるむ  #19 『熈代勝覧(きだいしょうらん)』と雛のこと  #18 二月の話  #17 季節と江戸時代の振り売り  #16 ことほぐ  #15 ゆく年  #14 フユ  #13 アキ  #12 ナツ  #11 ユリ  #10 植物の種と服飾品  #9 裁縫と“をさな”と“おとな”  - vol.4 #8 裁縫と“をさな”と“おとな”  - vol.3 #7 裁縫と“をさな”と“おとな”  - vol.2 #6 裁縫と“をさな”と“おとな”  - vol.1 #5 ハル  #4 縫い糸のこと  #3 少しだけ、草木のこと  - vol.2 #2 少しだけ、草木のこと  - vol.1 #1 組紐のこと 

お知らせ Information

 

 

和更紗 袷仕立ての小風呂敷
江戸末 19世紀

 

今月のご案内

 

緊急事態宣言が6月20日(日)まで再延長されました。 今後も感染拡大防止につとめてまいりますので、引き続き通信販売もどうぞご利用下さいませ。
何かお探しのものなどございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

6月の開店日

 

3日(木)
9日(水)
19日(土)
19日以降の開店日も追ってお知らせいたします。

 

 

御来店は完全ご予約制とさせていただいております。
ご予約やお問い合わせはお気軽にご連絡下さいませ。
当面の営業時間は13:00~17:00とさせていただきます。

 

新型コロナウィルス感染拡大防止のため、御来店時にはマスクのご着用と手指の消毒をお願いいたします。

 

 

 

*「裂のほとり」展示会のお知らせ

 

「裂のほとり」展示会のお知らせです。古裂古美術 蓮はこの秋に東京・銀座と金沢にて、展示会を開催させていただきます。 「展示会」に詳細を記しました。トップページのメニューから御覧いただけます。ぜひ御覧下さいませ。  

 

  *****************

 

 

 

Diary

  • 「単色の美 展」DMメイキング

     

     

    「単色の美 展」DMメイキング

    単色の古裂 江戸時代
    左より 緑地木綿裂・緑地紬裂・鶸色平絹・茶地麻布・灰白色麻布・袈裟解き等

     

    9月に銀座の月光荘画室2にて、古裂の展示会 裂のほとりⅦ「単色の美 展」「文様の美 展」を開催いたします。今展は会期を前期と後期に分けまして、それぞれ異なる企画展を予定しております。

     

    写真は前期「単色の美 展」9月28日(火)―29日(水)のDMのメイキング。
    現在DMの作成中で、掲載候補の古裂を様々並べて撮っていた時のひとコマです。写真はいつも自然光だけで撮り、自分で撮影しています。「単色の美」は江戸時代の絹、木綿、紬、麻を中心に、単色の古裂のみで展開する企画展です。染織品の色目がなかなか実物どおりに撮れないことが多い中、各環境によって見え方は異なるとは思いますが、今回のこちらはほぼ実物近くに撮れております。 時代を経た天然染料の草木からの色がほんとうに美しいです。色彩の世界を想うとき、色の美しさが日本の美に通底していると思えます。

     

    出展予定の写真の古裂  江戸時代
    緑地紬裂、鶸色(ひわいろ)の平絹、こちらはきものだったようで、解き裂で入手。茶地の麻は袈裟解きです。こちらは袈裟には珍しく田相部分も葉も縁も紐座も全部引き解かれ、全ての裂に厚みのある固い和紙が裏打ちされた状態で出てまいりました。江戸中期頃あるような気がしています。裏打ちは固すぎたものでしたので、先々の保存を思い、裂を整える作業中丁寧に外して裂だけの状態に戻しました。灰白色の麻布は江戸時代の裃を解いたもので、とても綺麗な色目です。茜で染められたと思われる鮮やかな赤の木綿は、裏裂が欠損していた江戸後期の刺繍の帛紗の芯に使われていた裂です。抜群の色のコンディションを保っております。最後はごく浅い色をした浅葱色の麻のはぎれです。繊細です。

     

    時代の古裂をできるだけ最良の状態で御覧いただけますよう、9月の展示会に向けて、裂の作業にいそしみます。あっという間に秋が来そうですね。美しい古裂、会期が近づきましたら展示会のご連絡事項を含めまして、ホームページに更新してまいります。
    どうぞよろしくお願いいたします。

     

     

     

     

  • 蛍袋

     

     

    蛍袋 咲く

     

    雨の季節、蛍袋が咲いています。
    一番好きな花です。
    水の流れの傍では そろそろ蛍が舞うでしょうか。

     

     

     

     

  • 水無月 六月

     

     

    明治頃の紅花染めと思える木綿を水洗いする。

     

    六月になりました。
    早くも一年の折り返し地点です。 六月三十日は夏越の祓い。この日は今年後半の無病息災を願いながら、みなづきをいただきます。氷室の氷を表したという三角形のういろうに小豆をのせた、ほどよい甘さのしこしことした歯触りのみなづきは、飽かずに何度でもいただいてしまいます。もうデパ地下の和菓子屋さんに並んでおります。もう、というよりもこのみなづき、今年はすでに春先から店頭に並んでおりました。和菓子屋さんは季節のお菓子を売るはずなので、そのことを少し残念に思いながら、ケース越しのみずみずしい三角形を眺めて梅雨の六月を想ったものです。もう六月に入ったので解禁?し、次回はいそいそとみなづきに直進です。

     

    銀座と金沢にてこの秋開催予定の「裂のほとり」展示会のDM作成に取りかかっております。
    古裂を最良の状態で御覧いただけますように、展示会に向けて、裂を整える作業を続けてまいります。裂のほとりが愉しいひとときとなりますように。
    今月もどうぞよろしくお願いいたします。

     

     

     

     

Archives

 

 

 

小冊子『裂のほとり』のお知らせ  

 

 

『25th Anniversary 裂のほとり』

 

これまでに発行の小冊子『裂のほとり』の詳細につきましては、スクロールしたところの 小冊子『裂のほとり』のご案内▼ をクリック下さい。

 

 

 

 

 

  • 小冊子『裂のほとり』のご案内

    *ご注文についての詳細は、このページをスクロールしたところにございます。
    どうぞご参照下さい。

     

    *『裂のほとりⅣ -名古屋 月日荘にて-』を含め、古裂古美術 蓮 発行の小冊子は現在3冊です。

     

     

     

    小冊子『裂のほとり』 
    2017年11月15日発行

     

    『裂のほとり』

     

    蓮は2017年の秋に24周年を迎えました。年月を記念して、古裂に関わるささやかな冊子を編みました。古い裂の傍にいることを「裂のほとり」と表現させていただき、冊子のタイトルにいたしました。今に遺された古裂たちの独特な美しさ、その愉しい世界を、少しでもお伝えできましたら幸いです。
    A5横サイズ、カラー20ページ、税込価格500円です。よろしければお問い合わせ下さいませ。 

     

    『裂のほとり』もくじ  
    まえがき / 地蔵菩薩 / ひとつの色 / たとう紙の更紗 / 縞と格子の絹織物 /
    嶋かいきによせて / 沖縄が湛える / 理想の休日 / あとがき

     

     

     

     

    『裂のほとり』より

     

     

     

     

     

    小冊子『25th Anniversary 裂のほとり』

    2018年10月1日発行

     

    『25th Anniversary 裂のほとり』

     

    蓮は1993年の秋に東京・駒場にて小さな店を出発させてから、2018年10月にお蔭様で25周年を迎えました。これまで支えて下さいました皆様に、心より深く感謝いたしております。 25周年の記念とともに、日本に伝え遺された染織品の存在を、ひとりでも多くの方に知っていただきたいとの想いから、2017年に発行の初めての小冊子に引き続き、あらたに『25th Anniversary 裂のほとり』を編みました。
    A5横サイズ、カラー20ページ、税込価格500円にて販売しております。よろしければお問い合わせ下さいませ。

     

    『25th Anniversary 裂のほとり』もくじ  
    まえがき / 鴛鴦丸文様二陪織物の鏡入れ / 法華経断簡の表具裂 / 室町時代の繊維と糸 / 渡り裂断片各種 / 越後縮の米袋 / 単色無地の絹と紬 / 沖縄 久米島紬断片 / 絞り染めの小さな袋 / 紅地輪宝文金襴断片 / 吹き寄せ / 『鳥獣戯画』の萩 / 私の原点 / あとがき />

     

     

     

    「絞り染めの小さな袋」

    「私の原点」

     

     

     

     

     

    小冊子『裂のほとりⅣ -名古屋 月日荘にて-』 

    2019年3月25日発行

     

    小冊子『裂のほとりⅣ -名古屋 月日荘にて-』

     

    2019年3月に開催の名古屋・月日荘さんにての展示会に寄せて、ささやかな小冊子を編みました。 今はデジタルの時代ですが、紙と写真の形で、この度の展示会の時間を記憶したいと思います。展示会終了後も、ページをめくることで古裂を味わい、愉しんでいただけましたら幸いです。選んだ古裂の写真に小文を添えています。

    小冊子は文庫本サイズの105×148cm、カラー36ページ(表紙の能装束唐織断片裂を含め写真は30カットです)、税込価格500円です。

     

     

     

    小冊子『裂のほとりⅣ -名古屋 月日荘にて-』より

     

     

    木綿花色地桜梅に流水文紅型裂 19世紀

    ヨーロッパ更紗・インド更紗・嶋海黄 19世紀

    山村の地図 江戸時代

     

     

    【ご注文につきまして】

     

    ご注文はお電話またはメールにてお申し込み下さい。
    お手数でございますが、その際にご希望の『裂のほとり』のタイトルと、小冊子のお送り先ご住所とご氏名、念のため、ご連絡先お電話番号をお知らせ下さいませ。折り返し当店の振込先等の詳細をご連絡させていただきます。

     

    1冊をご希望の場合、 小冊子代500円と発送手数料を含む送料100円の合計600円の御振り込みをお願いいたします。御振り込みの確認後、クロネコDM便にてお送りいたします。 申し訳ございませんが御振り込み手数料はお客様ご負担にてお願いいたします。

     

    ご不明な点がございましたら、お気軽にお電話にてお問い合わせ下さいませ。
    どうぞよろしくお願いいたします。

     

     
     

     

  • ポストカードのご案内

     
    「糸」を中心にポストカードを作りました。
    1セット 5枚入 500円(税込)にて販売いたしております。
     
    ご注文はお電話またはメールにてお申し込み下さいませ。
    お手数でございますが、その際にお送り先ご住所とご氏名、念のため、ご連絡先お電話番号をお知らせ下さい。折り返し当店の振込先等の詳細をご連絡させていただきます。

     

    ご購入をご希望の場合、ポストカード代1セット500円と発送手数料を含む送料100円の合計600円の御振り込みをお願いいたします。御振り込みの確認後、クロネコDM便にてお送りいたします。 申し訳ございませんが御振り込み手数料はお客様ご負担にてお願いいたします。

     

     

     

     

    古裂古美術 蓮
    03-6228-5318
     

ショップ Shop Information

古裂古美術 蓮

 

銀座の数寄屋橋にあります泰明小学校のすぐ近くです。
古裂を整えるアトリエを兼ねたこちらで商品をご覧いただけます。

 

〒104-0061

東京都中央区銀座6-3-17

悠玄ビル別館2F-B号室

 
Tel & Fax : 03-6228-5318

 
営業日:不定休
 
誠に恐縮ですが仕入れ等で不在の日も多いため、御来店の際は事前にご予約をいただけますようお願いいたします。
ご予約やお問い合わせは、どうぞお気軽にお電話またはメールにてご連絡下さいませ。
 

メールでのご予約・お問い合わせはこちら ▶

 
初めてお越しの際も、お気軽にお問い合わせ下さいませ。
ビルの入口が少々わかりづらいですので、ご案内いたします。
 
 
古いもの、お道具、古美術品、美術品、工芸品、絵画、書画などの整理ご処分のご相談をお受けいたします。お気軽にお問い合わせ下さいませ。
 

〒104-0061 東京都中央区銀座6-3-17 悠玄ビル別館2F-B号室

Tel & Fax : 03-6228-5318

古裂古美術 蓮 マップ
銀座線、丸の内線、銀座駅出口C2、C4から徒歩3分。  Tokyo Ginza